自分の境遇とお役目を善く理解せよ

2016.11.12

人類が誕生してから、ただの一度も
平等な社会など実現した事は無かった。
 
古今東西、人類社会には大まかに分けて
上中下の三つの身分が存在する。
その内、上と下に位置する者は、いかなる時代に於いても、
自分の境遇とお役目を善く理解し、競わず争わず生きてきた。
 
問題は、中間だ。
彼らは、上に媚びへつらい下を蔑み
周りの者より少しでも上に上がろうと常に競争し、
下に堕ちる事を極度に恐れ、時には闘争となり、
心休まる事が無い。
 
諸君。
上を見ても下を見ても其処に行く事は出来ぬもの。
神より与えられし己の人生を、精一杯生きよ。
 

ページTOP